おうち改装日記 in ベルリン


by berlinbaustelle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

重曹で、エコ掃除。

ただでさえ乾燥肌だったのが、ドイツで超のつく乾燥肌になってしまった私。
相方も、仕事をしてくれてる友達も、
改装中の掃除や、石膏での作業は、
皮膚が切れて血がにじむくらい手荒れがひどい。
石膏はしょうがないが、
お掃除はどうにかならないか、と思って思い当たったのが

「重曹」。

ちょうど、
ecocoloという雑誌に載っていた(5月号)
「重曹お掃除法」

お風呂につかりながらのお風呂掃除を実践してみたところ、
普段使っているオーガニック系のお風呂掃除では取れなかった
黄ばんだ湯垢がぽろぽろ取れた。
しかも、
手は、ピーリング効果なのかすべすべ。
すっかり味をしめて、改装中の台所掃除に重曹を使ってみることにした。
b0135932_592088.jpg

キッチンの壁は塗り直す予定だけれど、
塗り直す前に、ぺかぺかになっている油の層を取り除き、
さらにはグロッシーなペンキの表面をヤスリがけしておかないと
その上からペンキを塗っても密着しないのだという。
めんどうだなーと思いつつ、
油べっとりの壁に
重曹に少し水を加えた重曹ペーストをじょりじょりと塗り、
しばらく置いておく。
重曹が茶色っぽくなったのをビネガー水(お酢2・水1)で
しゅっしゅと霧吹きして、ぞうきんで拭き取ると、
おおっ、
べとべとのところが1段明るい色に。
ベージュだと思っていた壁は、実は真っ白だった……。

ドイツで一般的な重曹は
「カイザー・ナトロン」。
今回の掃除には、
レープクーヘンを作ったり、自宅でブレーツェルを焼く時に買ったの余りを使用した。
何が良いって、
中に入っている説明書「カイザー・ナトロン、ABC」が最高。
これを読むためだけにでも買ってもいいと思うくらい。
だいたい表紙が変だ。
b0135932_58015.jpg

川で水をくむ娘さんの背後にしのびよる小人。(魔法使いナトロン?)

AはAschenbecher(灰皿)から、
ZはZahnpflege(歯の手入れ)まで。
何にでも使えますというのはまあ、そうかという感じだけど、
「歯の手入れ」の項には
「カイザー・ナトロンは、ピッコベロの歯をキレイにします。
しかし、魅力的にはできません」
b0135932_585953.jpg

ピッコベロってだれだー?!
☆注「picobello sauber」で、ぴっかぴかにキレイ、という言い回しだそうです。

万事この調子で、
カフェとお茶を、体に優しくしますが、
フリーダ伯母さんは優しくできませんとか。
b0135932_583987.jpg

読んで楽しい、使って手に優しい。
カイザーナトロンの回しものじゃないですが、周りの人に勧めてます。
[PR]
by berlinbaustelle | 2008-04-28 05:10 | 掃除のこと