おうち改装日記 in ベルリン


by berlinbaustelle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧居を引き払う。

新居に引越をしたら、
次にすることは古い方の部屋の引き渡し。

引越というのは本当に次から次へとやることがある〜!
しかし、ラッキーなことに(?)
もうぼろぼろで後1年で大改装する旧東独のボロアパートなので
不動産屋もテキトーである。
「まあ、次の人が心地よく過ごせるようにしてくれれば、良いですよ。」
壁も塗らなくていいし、ねじ穴埋めと掃除だけで良いと言うのだが
契約書を読み返したら、3年以上住んだらお風呂場を改装すること、なんて書いてある箇所を発見。(ドイツのスタンダードの契約書には書いてあることが多いよう。モモクリ3年ならぬ、キッチン、バス3年、寝室、トイレが5年。)
しかも私はそれにサインをしているのだ。

いまさら、大したことはできないけれども、後から敷金を返さないと言われても面倒なので
できるかぎりキレイにして、
壁穴を埋めたところはペンキを塗り、
ボロボロのガスレンジを重曹と酢でピカピカに磨き上げた。
といっても、本体はボロなので限界があるのだけれども。
b0135932_1363897.jpg

いよいよ次の日、不動産屋が来た。
磨き上げた部屋を見て「なんだ、こんなに綺麗にしなくても」と言う。
ガスレンジの辺りは素通り。
トホホ。
とりあえず、敷金全額返却となったので良かった。

旧式のトイレは、水を流してほっておくと1時間くらい止まらないという
恐ろしいシロモノで、止めるのにコツがいる。
そのことを不動産屋に指摘し、
「こうやって、こうやらないと流れ続けるんですよ。
トイレタンクの新しいの、20ユーロくらいなんで
新しい人が入る時に買ったらどうでしょう」と言ってみる。
話をしていたら、次の人がやってきた。
鍵を渡して帰ろうとすると
「もしもし、次の人にあなたが開発したトイレ・トリックを見せてあげて下さい」
と言う。

あー、買う気無いのね。。。
私はもう出てしまうので、どうでもいいのですが
最近のミッテ地区の不動産屋は売り手市場なので、
はっきりいって何にもする気が無い。
「借りたくないのなら出ていってもいい。借りたい人は山ほど居るんだから」
というのがみえみえなのだ。

素晴らしい立地の良い家だったけど、
ドアも窓もすきま風びゅーびゅー。つかないガス台、止まらないトイレの水。
ついにサヨナラ!である。
b0135932_1371642.jpg

がらーーーーーーん。なあんにもありません。
[PR]
# by berlinbaustelle | 2008-08-12 01:37 | 引越について
長らく更新していなかったのですが……
まず、引越の話から。
b0135932_1503049.jpg

引越屋さんは大失敗でした。
これからベルリンで引越を考えている方
「Kleinow Umzuege」は、絶対にオススメしません。
サイトを見た限りでは大丈夫かな、と思ったのですが
「看板に偽りあり」。

引越当日、
午後イチの予定だったのに、その時間になって電話がかかってきて
「すみません、前の引越が伸びたので3時間ほど遅くなります」
という。しょうがないので待ってはみたものの
約束の3時間を過ぎても現れない。再度電話すると
「うっかり忘れた。これからすぐ行きますが1時間後になる。
でも早く済むように、倍の4名で行きます」と言う。
約束の時間から4時間半後、
横も縦も大きいおじさん、筋骨隆々の中年の小男、
マッチョなムキムキでくわえ煙草の若造、の3人のドイツ人と
にこにこしたスペイン人、ペドロ君が登場。
ペドロが「こんにちわ、本当に遅れてごめんなさい。
すぐとりかかります。もちろん値段は2名分です」と挨拶。
他の3名とも握手を交わし、引越が始まった。

半分ほど積み込みが終わった頃、くわえ煙草がやってきて、
「あんた、大体何考えてるの」と突然喰いかかった。

More
[PR]
# by berlinbaustelle | 2008-08-04 01:24 | 引越について

厳しい誤算

下に、『嬉しい誤算』という話を書いたら
次の日、真青になるような誤算がやってきた。
相方の引越の前に、改装した状態を不動産屋にみてもらった。
3か月の家賃割引は改装の完成を見てOKをもらうという約束で
不動産屋から派遣されたおばちゃんがやってきた。

『まあ、きれいねー』
おばちゃん、廊下やキッチン、部屋を見ては感心したようす。
しかしどうやら、以前の状態を知らないらしく
1部屋が3部屋になっていた話をふると
『あら、そうなんですか』というお返事。
油汚れギトギトべっとりのガスレンジと
誰が作ったのか、同じ作りの引き戸を左右セットしたために
引いてあけることができない(把手が同じ方向にある…)
ぼろい流しを見せ、新品を買ってもらうよう交渉。
開かない窓などがあるので、その説明もして
『では、私が書いたレポートを不動産屋が検討してお返事いたします』
とおばちゃんはにっこり帰って行った。

More
[PR]
# by berlinbaustelle | 2008-06-25 00:13 | 基礎知識

うれしい誤算

昨日、相方の引越が済んだ。
b0135932_2232436.jpg

玄関はこんな感じに!
このあと、石膏板を張って白塗りを1回。
ドア&玄関を自分でとりつけられるとは、しかし思ってもみなかった……。
天井の高さは約3、5メートル。

私も引越でおおわらわ。
家中に段ボール箱がところせましと積み上げられている。
文庫本、単行本、漫画、雑誌、スケッチブック、コピー、ファイル……。
私の持ち物はほとんど紙ばかりで、異常に重い。
バラバラのスケッチブックや、雑誌の切りぬきが本棚にあふれかえっている。
要るもの、要らないものを読んでは決めているから、時間がかかる。
あっちから、写真がでてきたり、
こっちから、メモ書きが落ちて来たり。
手紙が出てくれば、ついつい読み返してはじーんとしたりしているので
全然進まない。
メールは早くていいけれども、やはり手書きの手紙はとても良い物だなあと
いまさら思う。

これら、紙モノのほとんどが本棚&本棚に収まっていたもの。
今ある本棚(1つ以外はIKEAのビリー棚というのが情けないが)は
7つ。
すべてずらーっと壁に並べるのが夢だけれど、
それはいくらなんでも無理だよね、と思ったら
部屋の長さを測ったら、ぴったり収まる。
b0135932_22443.jpg

思ったよりも部屋が広い!、と驚いた。
方向音痴かつ、物の大きさの縮尺(モノサシ)が頭に無い私なので
部屋の広さをイマイチつかんでいなかったよう。
うれしい誤算である。
[PR]
# by berlinbaustelle | 2008-06-21 02:24 | 雑記

友達?それとも引越屋?

引越をするというと、
友達がみんな、『手伝うことがあったら言ってね!』と言ってくれる。
良い友達に恵まれた……
と嬉しいけれども、
今回は、引越屋に頼むことに決めていた。

理由その1:
友達に、腰痛持ちが多い。

自分も含め、腰が悪い人が多い。
うっかりぎっくり腰でもやられたら大変だし、
友達が頑張るのに、自分だけが休むわけにもいかない。


理由その2:
なんだかんだいって気を使う。

運び方やら、持ち方やら、万が一落としたりしても
文句を言えるわけでもない。
最終的にご飯をおごったり、相手の引越を手伝わないと心持ちも悪い。


理由その3:
車を持っている友達が居ない。

免許を持っている友達はけっこういるが、
大きなワゴン車を持っている友達はいない。
つまり、引越用の車をレンタルしなければいけない。


理由その4:
引越屋がそれほど高くない。

友達に頼めば安いじゃないか、と言われることもある。
しかしレンタカーを借りた上、友達に食事をおごったら
コストは高くつくうえ、気持ちも楽ではない。自分も疲れる。
雑誌で調べたら、安価な引越屋が見つかった。
Kleinow-Umzuege
3時間、引越屋2名、7、5tのLKW付きで 150ユーロ。
保険も込み。
引越距離は2駅でほとんど無いので、しっかり荷作りしておけば3時間は余裕だ。
というわけで、ここに決めて、引越日を決定。
段ボール箱を注文した。
段ボール専門店のカトーン・フリッツェ。
本を異常量持っているので、3重になった本専用段ボール箱を大量注文する。
届けてくれるのが便利だ。
20箱近くが本専用で、他は普通の引越し用段ボール。
漫画から詰め始めてみたら、そのうち10箱以上がいっぱいに。
漫画段ボール10箱以上……
すごいぞ!(涙)
b0135932_810424.jpg

[PR]
# by berlinbaustelle | 2008-06-19 08:11 | 引越について